FASHION

あのコーヒーショップの“わざわざ”手に入れたいトートバッグ

世の中には途方も無いほどバラエティー豊かなバッグが存在しますが、トートバッグほど持つ人のマインドまで、ダイレクトに物語るアイテムはないと思いませんか!?今回は誌面に登場した、コーヒースタンドのトートバッグを5つ紹介します。

 

 

PRETTY THINGS〈プリティ シングス〉

数々のカフェを手がけるプロデューサー山本宇一氏のコーヒーショップ「PRETTY THINGS」のスーベニアトート。“自分にとって、愛らしいものたち”という意味が込められている店名を、大胆にプリントした大容量のトートバッグになっています。(PRETTY THINGSスタッフ 山下麻美さん)

 

PRETTY THINGS “L” TOTE(40✕48✕15、25) 2,750円(税込み)/PRETTY THINGS(PRETTY THINGS表参道)

 

 

little pool coffee〈リトル プール コーヒー〉

第一弾は看板メニューのオムライストートだったので、続く二作目は、お店のロゴをモチーフにしたデザインに。荷物の多い方にも使っていただきたいと思い、A3も余裕で入るBIGサイズにこだわりました。ちなみに、店名の「little pool coffee」は、オーナーの私の名前『小little 池pool』という意味です(笑)。(little pool coffeeスタッフ 小池優子さん)

 

トートバッグ(39✕48✕14、26) 2,800円+税/little pool coffee

 

 

STEREO COFFEE〈ステレオ コーヒー〉

なんと言ってもSTEREO COFFEEの一番の魅力は音楽。ドリンク片手にイートインスペースに進めば、そこにはアートの展示や販売などの様々なカルチャーを発信するギャラリースペースが広がっています。レコ屋も併設しているので“盤”が入るサイズのトートがこだわり!(STEREO COFFEE店長 中村隆博さん)

 

STEREO オリジナルトート(42✕38✕10、28) 1,100円(税込み)/STEREO COFFEE

 

 

NO COFFEE〈ノー コーヒー〉

「NO COFFEE」のインスタ映えする2層のカフェラテと同じくらい人気なのが、有名アパレルブランドとコラボしたオリジナルの雑貨たち。トートバッグは持ち手を長くして、アウターを着ていても、ゆとりをもって肩にかけることが出来る仕様に。(NO COFFEEオーナー 佐藤慎介さん)

 

NO COFFEE トートバッグ(33✕34✕7.5) 3,410円(税込み)/NO COFFEE

 

 

SCHOOL BUS COFFEE STOP〈スクール バス コーヒー ストップ〉

イラストレーターYunosukeさんに描いていただいたのは、お店の看板メニューでもあるフラットホワイトにちなんだ言葉「A DAY STARTS WITH FLAT WHITE」(フラットホワイトで始まる1日)をイメージしたイラスト。当店のコーヒーを、日常に取り入れてもらいたいという願いを込めています。(SCHOOL BUS COFFEE STOPスタッフ 橋本みなみさん)

 

Original tote bag-Girl-(37✕36✕11、25) 2,000円(税込み)/SCHOOL BUS

 

 

お気に入りの一点を見つけて

みなさんはもうお気に入りの一点を手に入れましたか?!まだ見つかっていない人も、すでに相棒がいる人も、トートバッグの『沼』にハマってみませんか。mina10月号では“わざわざ”手に入れたくなるトートバッグを紹介しています。ぜひチェックしてくださいね。

 

 

SHOP LIST

PRETTY THINGS表参道 ☎︎03-5772-6077
littlepoolcoffee
STEREO COFFEE ☎︎092-231-8854
NO COFFEE ☎︎092-791-4515
SCHOOL BUS ☎︎0120-946-887

 

◎撮影/小嶋洋平(モデル分)、志田裕也(静物)、谷口巧(人物)
◎スタイリング/村田愛美(モデル分)
◎ヘア&メイク/木部明美(PEACEMONKEY/モデル分)

mina10月号より